目元パッチリの二重に

余分な皮膚や脂肪を取り除く方法

女性

二重整形では、切開法と呼ばれる、まぶたの上部を切開し、無駄な皮膚や脂肪を取り除くことで、二重にする事ができます。
この切開法は、昔から二重整形の方法として行われてきたものです。
手術法も確立しており、確実性のある効果から、確実に二重にしたいとする人に選ばれている方法なのです。

一重まぶたの人などに、最も効果的であるのがこの切開法です。
一重を形成するたるんだ皮膚や厚ぼったい脂肪を取り除くことで、ぱっちりとした目元となるのです。
まぶたの組織を除去しても、再生することはないため、この切開法を行えば、効果は半永久的に持続するのです。

まぶたを切開するわけですから、手術後は糸で縫合することになります。
抜糸はおよそ1週間後に行われ、糸を取り除いた後は洗顔や入浴、化粧なども行えるようになります。
切開法と聞いて、目立つ傷跡が残ってしまうのではと考えてしまう人も多くいると思いますが、抜糸を行なった後は傷跡も残らないため、とても自然な仕上がりとなるでしょう。