目元パッチリの二重に

最も利用しやすい手術法

手軽な食事

二重整形の方法として、最も利用しやすいのが、埋没法と呼ばれる方法です。
埋没法は、料金も非常に手頃であり、また施術時間も数十分程度で済むのです。
整形手術は、保険が効かないため、TVなどでもたびたび高額の値段で整形をする人が取り沙汰される事もあり、一般的には、そうそう簡単に行えないイメージがあります。
しかし、この埋没法は手術も簡単であるため、手軽に手術を受けて、理想の二重まぶたを手に入れることができるのです。

埋没法は、まぶたの裏を糸で縫合することで二重にすることができる手術法です。
縫合した糸によってまぶたを引き上げることで、目をぱっちりと大きく見せることができます。
また、埋め込んだ糸によって、自然な二重のラインが形成されるため、見た目にも美しい仕上がりとなるのです。

こうした埋没法で疑問に思うことといえば、使用する糸の問題です。
人の体は、体内に異物があると免疫細胞による激しい拒絶反応が引き起こされます。
体内に糸を埋め込むことで、糸に対して拒絶反応が起き、まぶたが大きく腫れてしまうことや、ただれる事を恐れる人もいるでしょう。
ですが、この埋没法に使用される糸は拒絶反応を引き起こすことはありません。
一般の手術でも使用する医療用の糸であるため、拒絶反応は起こりづらく、また大変細い繊維であるため、まぶたの裏に埋め込んだとしても目立つことはないのです。